HitoriGatari



一人語り    つれづれなるままに



トップへ
佐波学君を悼んで(2020.7.10)

 2020年3月5日佐波学君が死んだ.8日に告別式があったので,実家のある松阪の葬儀場に出かけたが,その地の習慣らしく,既に火葬が済んでいて,棺の中の彼に別れを告げることもできなかった.そのようなことなすべて,生きている側のためであって,死んでしまった彼には何のこともない.
 彼の死を知らされたのは6日のことで,彼の弟さんからの電話だった.死に目に会えなかったのは家族も同じだったようだが,孤独死したわけではない.
 コロナの流行もあり,体調も悪かったらしく,数日前から学校を休んでいたという.鳥羽商船の同僚が見舞いに行っていたそうである.なぜか具合が悪そうに見えたので,救急車を呼んだのだが,病院に着く前に,車中で亡くなったのだという.
 彼は弱いものには優しいという人柄で,生徒や弱い立場の同僚には慕われていたようだ.僕だったらと省みて,付き合いがあまりよくないせいもあって,見舞いに来てくれる同僚などなく,孤独死していた可能性も高かっただろう.
 その日から今日まで,僕は彼の死を引きずったままである.それは彼の死ではなく,われわれの死だったのかもしれない.
 余り大っぴらには言って来なかったことだが,実はここ何年か,ある壮大な実験を始めようとしていた.内心では始めていたものと思ってもいた.その行き先がまったく見えなくなった.
 目標は分かっている.手段をある程度そろってきた.まず,簡単に書いた指導理念の書を出版する予定で,書くべき内容は十分にそろってもいる.それでも,まだ実験の開始を宣言してはいなかったのは,その宣言の書を書き上げていなかったからである.
 一人はつらい.二人で進める段取りができていたのだ.それがすべて潰えた.
 何をしようとしていたかを一言で述べるならば,人類という社会的生物に知性を与えること,ということになる.
 知性とは何なのか,人類が知性を持つとはどういうことか,人類の知性とはどういうものか,ということは論じ始めればきりがない.
 人類の進むべき道を決めるのが実際に政治家であるのかには異論もあるだろうが,人類が滅びゆく道に舵を切る力は確かに政治家にはある.
 コロナに対する対応を見てもわかるように


V.G.KacのInfinite Dimensional Lie Algebrasをテキストに使った.
トップへ

 
 
 トップに戻る。
ホ−ムへ、  本の部屋